Archive for News

放送タイムラグ問題。

「ベーリング海の一攫千金」(Deadliest Catch)のシーズン6が13日に日本で放送開始となります。
フィル・ハリス船長がシーズン途中で亡くなる(実際には以前書きましたが今年の2月です)という、
(実は一部だけ先に見たのですが)、非常にハードなシーズンなのですが、

ふとtwitterでフォローしていた@fvcorneliamarie さん(書いているのはコーネリア・マリー号共同オーナー Cornelia Marie Devlinさんの息子さんMorgan氏(コーネリア・マリーのサイトでよく見るお名前だと思う)です)
が、イギリスでシーズン6の放送が終わったところだと書いていらしたので「日本では一週間後からです」と送ったら返信いただきまして、
「世界の人々が違う時期に番組を見ているのは不思議なことだ、自分たちはまたもう一度すべてを乗り越えなければならない。みんなとてもいい人だけれど」
と。
身近な人の死がテレビで何度も何度も繰り返されるというのは厳しいですね、、。

と、先ほど調べ物のついでに「そういえばHell’s Kitchen 2 の優勝者Heatherは今もラスベガスでシェフをやっているのだろうか?」と
サーチしましたところ、なんだかなあという事実が出てきました。

(おっと3シーズン目の優勝者名が最初に書いてあるので注意・・)

実際のところは、この記事によれば

彼女は自分がシェフとなるはずだったレストランで、ほかのシェフの下についてシニア・シェフとして「一年契約で」働き、一年でラスベガスを去っています。

こういう事実との関係を察しても仕方なくはありますが、同じ出演者で撮影中にheatherの親友となったRachel Brownさんは、撮影の翌年、2007年に自殺しています。(メモリアルMy SpaceページはHeatherが作ったもののようです)

つまりこちらでは最近放送されたシーズン2の出演者として、はるか前に自殺してしまった方を見ていた訳で、、、

字幕も必要だし仕方ないとはいえ、やはりちょっと呆然とする事実です。

(何を調べていたかといえばStylista優勝者のJohanna Coxさんは今もelleで働いているのか?という質問に答えていたのです。

彼女は今もelleでエディターとして働いています。(記名記事リスト)(インタビュー)

「ベーリング海の一攫千金」の今までのシーズンの特集が最近放送されていましたが、(フィル船長がシーズン4前まで元気そうで悲しくもなりますが)

これではじめてみてシーズン6をみてやはりこんな風に呆然とする方もいるんだろうなあ、、。

Captain Phil � mikeroweWORKS

Captain Phil � mikeroweWORKS.

Capt. Phil Harris told ‘Deadliest Catch’ cameras to keep filming in hospital: ‘We need a great finish to this story’

desc

引用元: Capt. Phil Harris told ‘Deadliest Catch’ cameras to keep filming in hospital: ‘We need a great finish to this story’.

参りました。

やめろって言っても無理だったんだろうなあ、、(Captain Phil.Harris 逝去)

えと、、

こっちに移してないシーズン4の感想でも、血栓もちが船に乗るんじゃないとじたばたしていたんですが、、

Myspaceではただ一人近況が気になってフレンドにまぜてもらい、時々飛んでくる近況「ダッチハーバーにいる」とか、「人生を楽しんでる」とか見て「なにいダッチハーバー?」と気にしていたんですが、、

2月9日、「ベーリング海の一攫千金」(Deadliest Catch)に出演というか、漁の取材を受けていた

コーネリア・マリー号の船長Phil Harris氏が、1月30日港で起こした脳梗塞(Strokeってこの意味でいいんですよね、、?)の結果、53歳で亡くなりました。

シーズン4では、レッドブルで命をつないでる状態で漁をしてたわけですが

その後レッドブルが日本にも入ってきまして、グルタミン酸やカフェインは入ってるけど、

これじゃあ生き続けられませんよ、、食生活むちゃくちゃな私でも思いますよ、、

二人の息子は二十歳そこそこ、エンジニア氏がピンチヒッターで舵を取ってましたが、

海の仕事で53歳はやはり短命だったのだろうか。それとも、覚悟するころなんだろうか。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ディスカバリーの訃報

自サイト

最後のStatus and Mood

10/17は”Finding Nimo”(Boston Legal)

えー。一ヶ月近く何をしてたかといえば楽しいバージョンではDVDみまくってたりケーブルのHDDが古いタイプなのを工事頼んだり…
で、Boston Legalのシーズン4.10月17日からと聞いてたら20日だそうで、じゃ17日は何だろう?
CMでそんな気はしてたんですが、サイトで見てみたらやっぱりこれ、シーズン2の”Finding Nimo”じゃないですか!
邦題は”アランとデニーと魚たち”
これを見たくてDVD買った説もあるおすすめです。

まだまじめに恋愛できたころのアランが彼女と別れてぶっこわれてたころ、デニーがアランをカナダまで釣りに連れ出す、という(説明が安っぽいなあ)話なんですが、このアランが可愛いとしか言いようがないんですわ(笑
昔のJames Spader氏のファンが見たら泣きそうな感じの可愛さなんですが。

ストーリーも、その後何度も「釣り」というたとえが出てくる、スペシャル扱いのエピソードなんですが。
これから始めてくれるなんて、やるじゃないですかFox Japanさん。

放送はこのようになっております。

2009/10/17 15:00 第3話 アランとデニーと魚たち [字]
2009/10/18 03:30 第3話 アランとデニーと魚たち [字]

そして人はまた生まれる。

えー、Mythbustersのキャリーが妊娠中でしたというニュースは書いてませんでした_(._.)_
でした、というのは、TwitterでグラントとディスカバリーPRさんからニュースがありまして、無事女の子を出産されたそうです。2時間まえのディスカバリーさんのtweetで、キャリーからお名前公表の許可がでたとのことで。

Stellaちゃんだそうです(*’-‘)

今月には珍しいグッドニュースですよん。おめでとう!!

なお、見てない間にいたずらか私のミスかwordpressの妙な挙動(バージョンアップしときます)があったかもしれません。iPhoneでだけ妙だったかもですが…ちょい念のため対策しときます。

あ、そうそう。グラントとアダムが新型iPhone買った(いや、グラントのは彼女からのプレゼントですってよ?w(*’-‘))そうですぜ。くーー。当方料金を安くするキャンペーンに加入したため買い換えできません。てか無理。いいなー。特にグラント。(笑

Adam Cook氏 逝去、2.May.2009,37歳(David Cook氏の兄)

–David Cook氏自身の文章(Myspace)で、数々の、時間などの間違った報道が正されていたので、修正します。--http://blogs.myspace.com/officialdavidcook

どっちに書こうかとかどう書こうかとか悩んだのですが、ジョサイアの方にこの話を書くのはきつすぎるので、こちらに。

昨年のAI優勝者 David Cookのお兄さんが長年脳腫瘍と戦っているという話は耳にした方も多いと思います。

 

Candle for Adam

Candle for Adam

http://fanssupportadamcook.com/

(↑音出ます-David Cook “Permanent” )

http://www.radaronline.com/exclusives/2009/05/david-cook’s-brother-adam-dies

http://mywabashvalley.com/content/fulltext/?cid=62392

http://www.people.com/people/article/0,,20276329,00.html

アメリカ東部時間5月2日午後11時52分、彼が、家族に囲まれ、インディアナ州Terre Hauteにて、37歳で亡くなったことを知りましたので、こちらでニュースソースをまとめてお伝えします。

 

その間David Cook氏は前から計画されていた脳腫瘍の治療研究基金を集めるためのチャリティーに出席するためワシントンDCにむかっており、その場にいることはできなかったそうです。亡くなったときにはちょうど飛行機の中だったそうで、事実を知ったのは東部時間午前3時にホテルに着いたときだったそうです。それでもレースにそのまま出場したのは、まずAdam氏が彼自身の病気が誰の人生にも影響しないことを願っていたこと、それでDavidはそのチャリティーレースを兄へのオマージュとしようとした、と。

第二に、今も戦っている人のため、自分が走り、兄の話をすることで、ガンに斃れる人が減るように何かしたいと望んだこと。だそうです。

 

Adam氏の望みに沿って、Davidのツアーは今後キャンセルされることはないそうです。6日のオハイオは例外となりましたが、可能な限り再公演の努力をするとのこと。

 

今年はじめ、Adam Cook氏は化学療法を止め、その後ホスピスケア下にあったそうです。

まだ37歳。二人のお子さんを持つ弁護士、まだやりたいことも気がかりなこともあったでしょうに。

謹んでご冥福をお祈りいたします。