最近のいろいろ

久しぶりにやってみたら初めてケイティでした。Boston Legalもやっと日本でシーズン5放送始まりましたな。

で、見ながら下に書いたのを思い出したわけです。手には二枚のJonathan Penner出演DVDがありまして、
一枚「Last Supper」はすでに見ていたんですが。この感想は後で書くとして。

で、もう一枚「ぼくの美しい人だから」がジェームス・スペイダーとスーザン・サランドン主演と言うことでそこでいきなり思い出して見てみたんですが。

とりあえず話の内容は置いておきましょう(いいのか?)

Boston Legal見てすぐ1990年のJames Spader みたら唖然としますよっ(笑
本当に同一人物なんですか。あーもったいない。収録終了後にダイエット宣言をThe Ellen Showでしてたらしいですが、どうなったんでしょうか。

んでJonathan Pennerについては、The Last Supper の方で書いた方がいいでしょうな。共同生活してる平和主義者集団がうっかり軍人を殺しちゃったのをきっかけにエスカレートしていくという話で、そこを聞くと非常に面白そうでありますし共演が共同殺人者役にコートニー・B・ヴァンス(Law&Order クリミナルインテントの検事補役で、FoxCrimeつけっぱなしの方には見慣れた顔)やキャメロン・ディアス、殺される側にも
「来た見た殺された」ぐらいの出演ですがマーク・ハーモン、(1995年の映画なのにこの人は太ったとか年食ったとか(いや確かに年食ってるけど)いう印象がそうなかったのが凄いです)
とりあえず出演者は豪華であると。で、Jonathan Penner@90’sですが、もっとクレイジーな役者さんぶりを期待していたのにちょっと大人しかったかなあ-。たぶんどこかで期待してる役やってそうな気はするのですが。

とりあえずこの映画では一番クレイジーに走るのがこの人であってほしかった気がする。はまりすぎで避けたのかもしれないが。なんか突っ走り方が全体的に足りないという気がしてしまった映画でした。その辺が平和主義者集団ならではとこじつけられますが。冗談ですが。

と、気になる役者さんではありますねえ、、。(そういう役を期待したい人っていますでしょ)

で、サバイバー出演時に「100万ドル」にやたらとこだわったのは普通に考える年収月収とかではなく、映画制作者としては使い道もどういう風に(一瞬で)飛ぶかもイメージできるからではないかしらと想像してみます。

日本販売ではこのタイトルなのでリンクもぺったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です